汗をかくとさらに汗をかいてしまうという悪循環

真夏でもないのに、汗をかいてしまうことってありますよね。

汗をかくと、あせってしまう方が多いと思います。

そんな時、汗をまったくかかないような人がうらやましく思うことがよくあると思います。

汗をかいてしまうと、あせってさらに汗をかいてしまうことってありませんか?

汗

私はまさにそれです。

他の人が汗をかいていないのに、自分だけ汗をかいていると、「恥ずかしい!!」という思いからさらに汗をかいてしまって悪循環に陥ってしまうんです。

汗っかきっていいことないですよね。

汗をかいていると、他の人の目が気になって、もうそのことしか頭にない状態になってしまって、仕事どころではなくなってしまうと思います。

他の人に「どうしてあの人は暑くもないのに汗をかいているんだろう?」なんて思われているんじゃないかと心配で仕方なくなってきてしまうと思います。

とにかく他人の目が気になってしまって仕方なくなってしまいます。

汗をかきやすい体質とそうでない体質の人がいるので、汗をかきやすい体質だと損した気分になってしまいますよね。

汗って本当にできればかきたくないものだと思います。

暑くもないのに、自分だけが汗をかいている姿は滑稽に思われてしまっているのではないかと気が気でなくなってしまいますよね。

汗をかくと気になるのは、汗をかいている自分の姿もそうですが、ニオイがしていないかどうかだと思います。

いわゆる汗臭いのではないかとか、下手すると、自分の汗は嫌なニオイがするのではないかと心配になる方も多いのではないでしょうか。

自分の汗が臭うのかは、自分ではわからないものだと思います。

他人に「汗が臭いよ。」と指摘されないと、自分の汗のニオイがキツイのかなんてわからないですよね。

だから余計に汗をかきたくないと思う方が多いと思います。

自分の汗のニオイがキツくて、他人に嫌な思いをさせていたらどうしようと思ってしまうと思います。

他の人はいくら汗のニオイがキツくても、そのことを指摘はしてこないのが普通ですので、自分の汗のニオイというものは本当のところどうだかわかりません。

そういったことも含めて、できれば汗はかきたくないものですよね。